開業資金のサポートを受けやすい条件ってあるの?

開業資金を借りよう

>

開業資金制度を受けるうえで気を付けたい事

信用を失うような行為はやめよう

開業資金制度の融資金は自己で所有している資金の2倍まで借りる事が可能であると書かせていただきました。
さて悪知恵が働く人の中にはこの仕組みを利用して多くの資金を得ようと考える人が存在します。
仮に自己資金を100万円だとします。この際に得る事の出来る融資金の漢学は200万円になります。
つまりその段階で手元にある資金は合計300万ですよね。
この300万円を自己の資金だと言う事にして更に600万の融資金を得ると言った感じの要領でこれを繰り返して融資金を増やすと言ったずるをしようと考える人がいるのです。
しかしさすがにそんな急激に200万も増えてしまったら融資金を貸してくれる金融機関側も疑い詳しく聞いてきます。
仮に成功したとしてもばれた時は信頼を失ってしまうのでこういったずるをするのはやめましょう。

融資金は極力抑えよう

企業を起こす際の資金を得る事の出来る方法が開業資金制度です。
しかしこれで得られる融資金はあくまでも借り物であると言う事を忘れてはいけません。
借りた物は必ず返さなくてはいけません。この場合は開業してから得られるようになったお金で返していかなくてはいけません。
そのため返却しなくてはいけないお金を減らす事で開業後の負担を減らすために少しでも融資金を借りる事を抑える事が大事になってきます。
まずは補助金や情勢金を利用してみてはいかがでしょうか?
これらは融資金とは違うため返却の必要がありません。
その他にも色々な工夫をすることで融資金を抑える事は可能になります。
返す事が出来るかどうかが不安な人はまず融資金を借りる前にそう言った対策を考える事も大事になります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る